会社概要

no image
社名
株式会社幸立工業
所在地
[本社(総務・経理部門)]
〒181-0015 東京都三鷹市大沢2-15-14

[村山工場]
〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀1-111-1
TEL
042-560-7091(村山工場)
FAX
042-560-5752(村山工場)
代表者
代表取締役 齊藤謙一
創業
1975年5月
設立
1977年4月
資本金
3,000万円
事業内容
次亜塩素酸水に関わる装置(生成器、電動スプレー、空間洗浄機)の製造・販売
光学関連機器、ソフトウェア応用システム、検査装置、測定用ステージ などの開発・設計・製造
産業用ロボットの修理・メンテナンス
グループ会社
株式会社全立
主要取引先
キャノン株式会社
キャノンマーケティングジャパン株式会社
池上通信機株式会社
湖北工業株式会社
ディ・アイ・エンジニアリング株式会社
Renafine株式会社

アクセス

本社(総務・経理部門)

村山工場

会社沿革

昭和50年5月
テレビレンズ製造/組立、8ミリ/16ミリ映写機改造工場として創業
昭和52年4月
資本金200万円にて有限会社幸立工業を設立
昭和57年4月
東京都三鷹市野崎に工場移転
昭和61年8月
業務委託、輸出、販売を目的として(株)全立を設立
平成5年2月
東京都武蔵村山市に工場移転
平成5年9月
株式会社に組織変更し、資本金1,000万円に増資
平成12年12月
資本金3,000万円に増資
平成13年5月
東京都府中市に府中工場を開設
平成16年3月
府中工場を閉鎖し村山工場に統合

代表挨拶

今日、地球規模での環境保全や限られた資源の有効利用を国・企業はもちろん私達自身も自覚して行動する必要があります。

このような環境下で、社会に責任を持てる企業作りと環境にやさしい物作りを念頭に、今までに蓄積した光学技術・メカトロニクス・アナログ/デジタル技術を総合した製品開発を進めると共に、ユーザー様の求める製品作りに貢献できる企業を目指します。

光測定や検出や仕様にあったレンズ設計製作等、あるいは次亜塩素酸水に関してご興味がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

代表取締役社長 齊藤 謙一